2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

香川県の山関連

フォト
無料ブログはココログ

« 【雨滝山】雨滝森林浴公園から雨滝を歩いてみた【Say単独行】 | トップページ | 【峰堂山】間川から峰堂峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

2016年1月30日 (土)

【火山】津田支線No13鉄塔から西山を歩いてみた【Say単独行】

同じ過ちを二度三度と繰り返すのは学習能力に乏しいことと痛感する。

まぁ、そこまで大袈裟なことではないが、またもやあいぽんの電池切れ。

西山三角点(写真【1】【2】)は撮影できたのでよかったが・・・。

          ■写真【1】

__20160130_1_3
          ■写真【2】

__20160130_1_4
前回のブログ記事の続きとなるが、雨滝山から火山までは尾根が続いており、

途中、森林公園から北側に抜ける車道と交差する地点に保線道の入り口がある。

そこから津田支線No.13鉄塔に向って保線道(写真【3】)を登るのだが、

Photo_4
昨日までの雨でぬかるんで思うように登れない。

なんとか鉄塔まで登ると、快適な尾根道歩き(写真【4】)となった。

Photo_5
木立の隙間からちらちらと火山を眺めながら進んでいくが、

予想以上に火山は遠く、このあたりからあいぽんの電池残量が気になりだす。

そして、火山遊歩道に合流(写真【5】)して、

          ■写真【5】

Photo_6
暫らく歩くと、火山入口の標識(写真【6】)があった。

          ■写真【6】

Photo_7
遊歩道は「鬢盥(びんだらい)」へ続いているようだが、先を急ぐ。

山頂の245mピーク(写真【7】)を過ぎて、

          ■写真【7】

Photo_8
三角点のある西山ピーク(写真【8】)に至った。

          ■写真【8】

Photo_9
帰路は遊歩道をそのまま西教寺奥の院(写真【9】)まで下り、

          ■写真【11】

Photo_10
車道(写真【10】)をとぼとぼと約2000mぐらい歩いて、雨滝森林浴公園に戻りました。

          ■写真【10】
Photo_11
          ※このあたりで電池が切れた。

移動距離約5500m、高低差約170m、90分の山歩きだった。

« 【雨滝山】雨滝森林浴公園から雨滝を歩いてみた【Say単独行】 | トップページ | 【峰堂山】間川から峰堂峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

【東讃の山】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【火山】津田支線No13鉄塔から西山を歩いてみた【Say単独行】:

« 【雨滝山】雨滝森林浴公園から雨滝を歩いてみた【Say単独行】 | トップページ | 【峰堂山】間川から峰堂峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

香川県の山(県境編)

  • 鉢伏山
    香川県の県境を歩いてみた

香川県の山(東讃編)

  • 東女体山
    東讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(高松編)

  • 高仙山三角点(627.1m)
    高松周辺の山を歩いてみた

香川県の山(中讃編)

  • 中津山
    中讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(西讃編)

  • 平峰三角点(301.7m)
    西讃地域の山を歩いてみた

香川県の海(西讃編)

  • 2013年7月20日セイゴ
    荘内半島でメバルを釣ってみた