2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

香川県の山関連

フォト
無料ブログはココログ

« 【再訪】平谷登山口から筆ノ山を歩いみた【Say単独行】 | トップページ | 【火山】津田支線No13鉄塔から西山を歩いてみた【Say単独行】 »

2016年1月30日 (土)

【雨滝山】雨滝森林浴公園から雨滝を歩いてみた【Say単独行】

1月30日土曜日、早朝は小雨だったが、6時過ぎに東に向けて出発した。

日曜日は出来るだけ西讃にいたいので、どうしても遠出は土曜となってしまう。

昨日の雨で足元が悪いことも踏まえて、比較的整備された山を選定するつもりだった。

機嫌良く高速を東に向っていると、白鳥大内と引田の間が事故で通行止めになっていた。

そこで、津田東で高速を下りて、馬篠三角点へ立ち寄った。

その後、北山の登山口を確認したが、トイレに行きたくなって車で移動してしまった。

そして、高速を津田寒川まで戻って雨滝山と火山を歩くことを思いついた。

津田の松原サービスエリアでトイレにも行けるグッドアイデア。

と、いうことで、雨滝森林浴公園駐車場(写真【1】)から雨滝山と火山を歩いてみた。

          ■写真【1】

1_3
雨滝山から火山へ向う途中で車道に降りるので、二分割でまとめてみた。

まずは雨滝山から津田支線No.13鉄塔保線道入口まで。

公園の駐車場から雨滝山登山口(写真【2】)までは約1000mの車道歩き。

          ■写真【2】

Photo_3
登山口には車一台駐車するスペースがあるが、先客がいた。

登山口から尾根に沿って真っ直ぐ山頂(写真【3】)を目指す。

          ■写真【3】

1_2
雨滝山の山頂は広く、祠と雨滝三角点(写真【4】【5】)があった。

          ■写真【4】

__20160130_1_2
          ■写真【5】

__20160130_1
雨滝城跡の説明板の裏手から火山方面へと尾根道が続く(写真【6】)。

          ■写真【6】

1

出発地点である駐車場の上の尾根(写真【7】)を通過し、

          ■写真【7】

Photo_2
津田支線No.13鉄塔の保線道入口(写真【8】)のある車道に降りて来た。

          ■写真【8】

Photo
移動距離2300m、高低差162m、55分の山歩きだった。

« 【再訪】平谷登山口から筆ノ山を歩いみた【Say単独行】 | トップページ | 【火山】津田支線No13鉄塔から西山を歩いてみた【Say単独行】 »

【東讃の山】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【雨滝山】雨滝森林浴公園から雨滝を歩いてみた【Say単独行】:

« 【再訪】平谷登山口から筆ノ山を歩いみた【Say単独行】 | トップページ | 【火山】津田支線No13鉄塔から西山を歩いてみた【Say単独行】 »

香川県の山(県境編)

  • 鉢伏山
    香川県の県境を歩いてみた

香川県の山(東讃編)

  • 東女体山
    東讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(高松編)

  • 高仙山三角点(627.1m)
    高松周辺の山を歩いてみた

香川県の山(中讃編)

  • 中津山
    中讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(西讃編)

  • 平峰三角点(301.7m)
    西讃地域の山を歩いてみた

香川県の海(西讃編)

  • 2013年7月20日セイゴ
    荘内半島でメバルを釣ってみた