2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

香川県の山関連

フォト
無料ブログはココログ

« 【特集】観音寺市の三角点【まとめ】※改訂1 | トップページ | 【おまけもあるよ】与治山を歩いみた【Say単独行】 »

2016年1月16日 (土)

引田城山を歩いてみた【Say単独行】

2016年1月3日に高平山から県境を歩いてから、会社に出社することも無く、

新年早々より長旅に出ていたが、ようやく落ち着いて過ごせるようになった。

大阪から西讃に移り住んで二十数年になるが、

東は高松止まりで東讃まで出かけることはあまり無かった。

数少ないながらも東讃は懐かしく良い思い出が多い。

結婚して子供が生まれてからは益々訪れる機会が減ったが、

いよいよ今年は東讃の山々へ進攻してゆきたい。

移動時間とコストが大きな障害となるが・・・。

過去にも東讃の山々を歩いたことが無いわけではなく、

幾つかの山や県境は記事にしている。

今回は「鳴嶽(西ノ嶺)~星原」「小路」「龍王山~ビク山」などのメニューを考えていたが、

ぐずぐずしていて出発が遅れたのと、

千足ダムの奥が工事中で立ち入り禁止になっていたため、

下見も兼ねて標高の低い山を幾つか歩くことにした。

千足ダムから相生小学校跡地に立ち寄ったのち、引田城山方面に車移動。

田の浦キャンプ場の駐車場にある城山園地案内図(写真【1】)によると、

          ■写真【1】

Photo
登山口は引田港と田の浦キャンプ場にあり、

車が駐車しやすいので田の浦キャンプ場の駐車場(写真【2】)を利用させて頂いた。

          ■写真【2】

1
登山口(写真【3】)には金属製の階段が設置されており、整備された遊歩道が続く。

          ■写真【3】

Photo_2
「丹後丸」でキャンプ場からの遊歩道に合流し、「北の郭」の交差点で「東の郭」に進み、

「引田灯台」→「化粧池」→「南の郭(城山三角点)」→「東の郭(本丸)」→「北の郭」と

周回してみた。引田城山は南北にピークがあり、

「引田灯台」のある北側のピークのほうが86mと標高が高い。

城山三角点(写真【4】【5】)のある南側のピークの標高は82.3mで、

          ■写真【4】

__20160116_11
          ■写真【5】

__20160116_1_2
東かがわ市の山標(写真【6】)は南側のピークにあった。

          ■写真【6】

__20160116_1_3
移動距離1900m、高低差70m、50分の山歩きだった。

« 【特集】観音寺市の三角点【まとめ】※改訂1 | トップページ | 【おまけもあるよ】与治山を歩いみた【Say単独行】 »

【東讃の山】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引田城山を歩いてみた【Say単独行】:

« 【特集】観音寺市の三角点【まとめ】※改訂1 | トップページ | 【おまけもあるよ】与治山を歩いみた【Say単独行】 »

香川県の山(県境編)

  • 鉢伏山
    香川県の県境を歩いてみた

香川県の山(東讃編)

  • 東女体山
    東讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(高松編)

  • 高仙山三角点(627.1m)
    高松周辺の山を歩いてみた

香川県の山(中讃編)

  • 中津山
    中讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(西讃編)

  • 平峰三角点(301.7m)
    西讃地域の山を歩いてみた

香川県の海(西讃編)

  • 2013年7月20日セイゴ
    荘内半島でメバルを釣ってみた