2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

香川県の山関連

フォト
無料ブログはココログ

« 【初歩き】こんぴらさんを歩いてみた【四人】 | トップページ | 【高平山】県境から鵜峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

2016年1月 3日 (日)

【高平山】西谷弐から県境まで歩いてみた【Say単独行】

今日(1月3日)は早朝から夕方まで自由行動時間をもらえたので、

以前より計画していた高平山→県境→鵜峠のルートを歩いてみた

高平山は「東讃の山」カテゴリー、県境→鵜峠は「阿讃縦走道」カテゴリーと

二分割でまとめてみた

出発点は鵜の田尾トンネルの手前の林道入口ではなく、

国道318号線の兼弘地区、湊川支流に架かる橋の北側の祠の横の駐車スペース

橋(写真【1】)を渡ると讃岐鳴門線No.101鉄塔に向う保線道入口(写真【2】【3】)がある

          ■写真【1】

     1_3
          ■写真【2】
Photo_2
          ■写真【3】

Photo_3
入口には登山者のマナーを啓発する表示(写真【4】)があった

          ■写真【4】

Photo_4
崖のような急傾斜であるが、保線道(写真【5】)は七曲りになっていて徐々に高度が上がる

          ■写真【5】

Photo_5
保線道は歩きやすく、ほどなくNo.101鉄塔(写真【6】)に到着した

          ■写真【6】

1011
ここから尾根(写真【7】)に入り、境見出標に誘導されながら岩の多い尾根(写真【8】)を登る

          ■写真【7】

Photo_6
          ■写真【8】

Photo_7
尾根を登りきり、傾斜が緩やかになったところで再び保線道に合流した

少し引き返すとNo.100鉄塔(写真【9】)があった

          ■写真【9】

1001
No.101鉄塔から保線道歩きでも歩くことができるようだ

合流点(写真【10】)で少し休憩して再び上を向いて歩き出す

          ■写真【10】

Photo_8
暫らく歩くとNo.99鉄塔への保線道と尾根道の分岐点(写真【11】)があり、

          ■写真【11】

Photo_9
西谷弐三角点(写真【13】【14】)のあるピーク(写真【12】)を目指す

          ■写真【12】

Photo_10

          ■写真【13】

__20160103_1_2
          ■写真【14】

__20160103_1_3
西谷弐ピークからもう少し登ると、

たくさんの電波塔のある開けたピーク(写真【15】)に到着した

          ■写真【15】

1_4
ハンググライダーの発射台(写真【16】)があったが、

          ■写真【16】

Photo_11
その横に雨量観測局(写真【17】)なるものがあった

          ■写真【17】

Photo_12
高平山の山標(写真【18】)もあるが、山頂は別の場所らしい

          ■写真【18】

__20160103_1_4
NHK・民放・KDDIなどの電波塔群が林道の終点(写真【19】)になっている

          ■写真【19】

Photo_13
そして少し離れたピークにドコモの電波塔(写真【20】【21】)が・・・

          ■写真【20】

Photo_14
          ■写真【21】

Photo_15
山頂の電波塔の中でもドコモの電波塔は別格のように感じる・・・何故だろう

本当の高平山山頂にはドコモの電波塔の敷地を迂回して

尾根を南西に進む必要があったのだが、

尾根の南側の中腹を県境のほうまで林道が続いているので

山頂直下あたりで林道から登れることを期待して林道を歩いた

林道(写真【22】)は南側の日当たりよい斜面に続いていて、

           ■写真【22】

Photo_16
二十頭ほどの猿の群れが日向ぼっことをしていた

群れの中を突っ切って歩いたが、近づくと猿は避けてくれるものの

威嚇するように奇声をあげていた

あと、鹿も見かけたが、猿同様、写真を撮る心の余裕は無かった

結局、林道から高平山に登る道は無く、

山頂南側の尾根と林道の交差点(写真【23】)まで歩くことになった

          ■写真【23】

Photo_17
交差点からススキだらけの荒れた尾根(写真【24】【25】)を

          ■写真【24】

Photo_18
          ■写真【25】

Photo_19
高平山の山頂(写真【26】【27】)までピストンした

          ■写真【26】

__20160103_2
          ■写真【27】

__20160103_2_2
山頂のノート(写真【28】)に記帳したが、記録によると2016年初登頂者となったようだ

          ■写真【28】

Photo_20
再び交差点まで引き返して、体力の残量と残り時間と県境ルートを確認する

いけそうなので、県境のピークまでよじ登った(写真【29】【30】【31】)

          ■写真【29】

Photo_21
          ■写真【30】

Photo_23
          ■写真【31】

Photo_22
ここまで移動距離5200m、高低差520m、3時間40分

しっかりした登山靴とステッキは必需品だと改めて思う初山歩き

« 【初歩き】こんぴらさんを歩いてみた【四人】 | トップページ | 【高平山】県境から鵜峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

【東讃の山】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【高平山】西谷弐から県境まで歩いてみた【Say単独行】:

« 【初歩き】こんぴらさんを歩いてみた【四人】 | トップページ | 【高平山】県境から鵜峠まで歩いてみた【Say単独行】 »

香川県の山(県境編)

  • 鉢伏山
    香川県の県境を歩いてみた

香川県の山(東讃編)

  • 東女体山
    東讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(高松編)

  • 高仙山三角点(627.1m)
    高松周辺の山を歩いてみた

香川県の山(中讃編)

  • 中津山
    中讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(西讃編)

  • 平峰三角点(301.7m)
    西讃地域の山を歩いてみた

香川県の海(西讃編)

  • 2013年7月20日セイゴ
    荘内半島でメバルを釣ってみた