2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

香川県の山関連

フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

Revist_深池登山口から鳥越山と眉山を歩いてみた[△3眉山(こびやま)189.40m]

_20190127_2

毎年恒例の1月のボランティア活動

週末の新年会に、慰労会・・・からの休日出勤

と、公の予定をクリアするともう1月も最後の日曜日

休日出勤を午前で終え、午後から久しぶりの山歩き

あまり遠くにも行けないので、久しぶりに眉山へ

高松自動車道のさぬき豊中IC近くある山で南北に陣山→鳥越山→眉山と連なる

鳥越山と眉山のコル付近を高松自動車道の眉山トンネルが貫通している

また、陣山と鳥越山の間は車道が横断している

高松自動車道の側道は山を挟んでコの字型に収束し、分断されている

東側のコの字部分の側道は車の出入りも殆ど無く、広くなった路肩に駐車させて頂いた

鳥越山と眉山は三豊里山愛好会という団体に整備・管理されていると思われ、

山標や道標などが設置されている

今日歩いた範囲にある道標によると登山口は4箇所

「深池登山口」「七尾登山口」「六ツ松登山口」「諏訪神社登山口」

眉山トンネルの東側で高松自動車道を潜る町道を側道から少し[南に歩く]と

_20190127
[深池登山口の標識]があり、ここから山に入る

_20190127_2

高電圧送電線の[豊中線17号鉄塔]を通過すると

17_20190127
見えてきたのは大規模な[造成工事現場]・・・何ができるのかな?

_20190127_3
工事現場の脇から本格的な山道となる

豊中線18号鉄塔への分岐を過ぎて[鳥越山と眉山のコル部]に登る(道標あり)

_20190127_4
先に鳥越山に登るが、結構な急登な上に落ち葉が浮いてよく滑るので歩きにくい

そして[鳥越山の山頂]・・・何か雰囲気が違うと思ったら

_20190127_5
山頂の東側の雑木林が伐採されて[見晴らし]がよくなっていた

_20190127_6
山頂から南に尾根を少し下った所に[通行止めの道標]

_20190127_7
コルまで引き返して、[お地蔵様]にご挨拶

_20190127_8
[豊中線19号鉄塔]前にも七尾登山口からの道を示す道標

19_20190127
まぁ、今回はそのまま[眉山の山頂]を目指した・・・こちらの道は比較的歩き易い

_20190127_9
そして眉山の山頂・・・あぁ・・・らしくない妙に見晴らしの良い山頂

点の記を見ると山頂から東に直接下ると龍王神社を経由して

自動車を停めることができる場所に出る模様・・・次回確認したい

今回はこの山の北側の登山口を確認する目的もあり、更に[北に向う]

_20190127_10
穏やかな尾根道を暫らく歩くと[分岐を示す道標]

_20190127_11
どうやら「六ツ松登山口」と「諏訪神社登山口」があるようだ

ここで「諏訪神社登山口」への下山を決意し、[結構急な下り道]を行く

_20190127_12
少し下ると[小さな鳥居]に気がつく、そしてその先には[小さな祠]

_20190127_13
_20190127_14
再び急な山道を下ると[諏訪神社登山口の道標]

_20190127_15
ここにこの道標が必要な理由が分からない

※この場所に諏訪神社があって、そこに登山口があることを

知っている人でないとこの道標には辿り着けない

その後、[諏訪神社]→果樹園→町道→出発点と舗装道をトボトボ歩いて車に戻った

_20190127_16
移動距離4640m・所要時間115分・高低差152mの山歩きでした

Revist_[△4四方池(しほういけ)17.32m]

_20190127

2019年1月 6日 (日)

Revist_五毛山を歩いてみた[△4五毛山(ごもうやま)435.37m]

_20190106_4

今日は未到の三角点の登山口を探しながらぶらぶらして、適当な山を歩く予定でした

三角点[高水]の尾根がなんとなく江畑道に続いているので尾根道を見に行った

その帰り、ふと思い出した三角点[五毛山]・・・まぁ、手頃な山ですよね

2014年夏、三角点[五毛山]は藪に隠され、発見に苦労した

_20140824
で、冬の[五毛山]はどんなんなん?ということで歩いてみた

_20190106_5
中寺廃寺跡の江畑道登山口への車道は「塩入」と「江畑」から続いていて

五毛山付近で合流する

この合流点から「塩入」方面へ車道を少しだけ進むと[作業道の入口]があり

_20190106
駐車できるようなスペースもある

また、車道でも路肩に駐車しても通行の邪魔にはならない場所もある

作業道入口から直ぐに高電圧送電線の麻線の[保線道]に入って

_20190106_2
少し登ると[麻線18号鉄塔]に到着する

18_20190106
ここから五毛山を目指して[広い尾根]を登る

_20190106_4

イノシシが掘り返した土がふかふかで歩き易い

障害物を避けながらジグザグに登り、東西に続く[尾根道]に合流した

_20190106_5
尾根道最初の[ピーク(東側)]に三角点[五毛山]がある

_20190106_6
前回はピストンでしたが、今回は[西側のピーク]を経由した周遊コースを進む

_20190106_7
西側のピークの方が広くて山頂っぽい

ここから南側の車道方向に下る

_20190106_8
んっ?人の話し声がする?

作業道を歩く二人連れが眼下の作業道に見えた、犬のお散歩中のようだ・・・

Sayが[作業道]まで下りた頃には見えなくなっていた

_20190106_9
しかし、こんなマイナーな山奥で登山者や関係者以外の方を見かけるとは

しかも犬の散歩・・・まぁ、犬連れ登山の方は結構いらっしゃいますよね

作業道をぼちぼち歩いて作業道入口に戻ると、車が一台増えていたので

わざわざ車を使ってこの山を選んでのお散歩と判断した

移動距離1290m・所要時間49分・高低差89mの山歩きでした

Revist_[△4立割(たてわり)410.60m]

_20190106_3

Revist_[△4左湖(さこ)260.32m]

_20190106_2

2019年1月 4日 (金)

Revist_山奥登山口から鬼ヶ臼山を歩いてみた[△4鬼臼山(きうすやま)199.32m]

_20190104

年越単独釣行で風邪気味のSayです

年明け4日目でようやく初歩き

たまになんとなく歩きたくなる鬼ヶ臼山

でも最高点209mまで歩かれた方は少ないかも

まぁ、今回も四等三角点[鬼臼山]までしか歩かなかったんだけど・・・

_20190104_22
鬼ヶ臼山の登山口は3箇所(標識のある登山口)

奥山登山口は高松道の高瀬PA東側の側道沿い

_20190104_5
町道田井本谷線の高松道高架橋南側に[案内標識]がある

_20190104_6
登山口から少し離れたちょっと広くなった[路肩]に駐車させて頂く

_20190104_7
[登山口]には上に[駐車スペース]があると書かれていますが・・・微妙

_20190104_8
霜の降りた道を少し歩くと[ふるさとふれあいの森整備事業]の案内板があり、山道に入る

_20190104_9
_20190104_11
常備されている杖の多さがこの山の人気の証

[山神大明神の鳥居]までのんびり歩く

_20190104_12
先に[りゅうおうざん]の山頂へ

小さな祠があるが、崩れてしまわないように針金で補強されている

_20190104_13
鳥居まで引き返して、[鬼ヶ臼山]へ

_20190104_14
この鳥居、微妙に低い

丸太を組んだ階段が続く道を歩数を合わせながら登る

_20190104_15
そして四等三角点[鬼臼山]に到着

_20190104_16
このピークの巨石も魅力的だが、なにより展望が良い

209mピークへの踏み跡を探すも、刈り取られ投棄された雑草に阻まれ・・

またそのうち町道から歩くとして、今回は登ってきた道を下る

途中の分岐点で鬼の釜石方面へ進むと竹林に入る

_20190104_18
竹林の凛とした感じは好ましいが、薄暗いのは苦手だ

_20190104_19
山道は頼りないが、赤テープが多く、迷うほどではない

町道田井本谷線に出て、高松道に向って暫らく歩くと道沿いに[鬼の釜石]がある

_20190104_20

_20190104_21
臼と比べると少し小さいような気もするが・・・

移動距離2540m・所要時間80分・高低差152mの初歩きでした

« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »

香川県の山(県境編)

  • 鉢伏山
    香川県の県境を歩いてみた

香川県の山(東讃編)

  • 東女体山
    東讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(高松編)

  • 高仙山三角点(627.1m)
    高松周辺の山を歩いてみた

香川県の山(中讃編)

  • 中津山
    中讃地域の山を歩いてみた

香川県の山(西讃編)

  • 平峰三角点(301.7m)
    西讃地域の山を歩いてみた

香川県の海(西讃編)

  • 2013年7月20日セイゴ
    荘内半島でメバルを釣ってみた